上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の次男は小学6年生。
もうすぐ卒業を迎えます。

先日、授業参観がありまして
テーマは「家族に12年間の感謝の気持ちを伝える」こと。
子どもたちひとりひとりが、
家族に向けた感謝の気持ちを文章にし、発表していくという授業。

長男のときにも同じ授業がありましたが
そろそろ生意気盛りになってきた子どもたちが
少しはにかみながら、家族に対する気持ちを発表する姿は
そりゃーもう ホロリとさせられるもんなんです。



「ぼくは、父ちゃんと母ちゃんに感謝しています。」
その一文で始まった文章は
「父ちゃんは一家の大黒柱です。」と
まずは「父ちゃん」に向けての感謝です。
養ってくれていることに対しての感謝の気持ちと
幼い頃池にすべり落ちそうになったところを
危機一髪で助けられたというエピソードを絡め
命の恩人でもあることにも、ありがとうを言いたいと締められていた。

「そして、僕の母ちゃんは…」

私の番やぁっ!!
ドキドキが最高潮に達した直後
腰砕けになる言葉が続きました。

「僕の母ちゃんは 少し気まぐれです。」


!!!!!!!!


ままま、そのあとは
たくさんたくさんの感謝の気持ちが続き
幸せな気持ちでいっぱいになりましたよ。




帰宅した彼に
「いきなり気まぐれですって言われて、お母さんこけそうになったわー」
と言うと
サラリとした顔で言い返されました。

「一発くらい、笑いとらなアカンやんか?」


ままま、確かにシーンとしていた教室が
クスクス笑いでいっぱいになったよね。

私としても、話のネタができておいしい。

なんつっても事実やしね。


次男くん、お見事です。
スポンサーサイト




次男くん、good job!!

いや~、最高だわ ( *´艸`)クスクス
読んでいてこちらがホッコリさせられたよ
きっと親思いの優しい男の子なんだろうね
おばちゃんが座布団5枚あげましょう♪

そそ、今夜から直木賞作品を読みます
佐々木譲/著 「廃墟に乞う」です
【2010/01/26 22:55】 URL | バケ #-[ 編集]
こんばんは。

座布団5枚!!!
甘すぎ甘すぎ(笑)

レビュー拝見しました。
今回の直木賞まで
佐々木譲さんて知らなかったんですよね。
今度読んでみたいと思います。
「廃墟に乞う」以外を・・・♪


【2010/01/27 22:19】 URL | miya #aIcUnOeo[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 easy & hard , All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。